旅する

ニュージーランド入国時の隔離のお話(2020年9月現在)

りうか
りうか
こんにちは。この記事が公開される日が誕生日なりうかです。でもニュージーランドでは延長されたビザの期限日なので今年はいろいろ悲喜こもごもな日になりそうですね…。

ちなみに初っ端からですが、いろいろと変更されたビザのお話については、つい先日PINがまとめてくれた記事がありますので気になる方はそちらをどうぞ。

【ビザ】2020年9月までの各ビザの変更点のまとめ2020年、まだ9月ですがビザの規定の更新や変更がたくさんありました。 主要変更点をまとめました。 ...

今回は、海外からニュージーランドへ帰ってきた人たちが必要な隔離についてのお話です。

なかなかこの情報を使う人は多くないかもしれませんが、今回調べる機会があったのでまとめておくことにしました。
もしニュージーランドに居る人がやんごとない事情で日本に一時帰国せざるを得なくなった時や、現在ニュージーランド居住権・永住権や市民権を持っていて海外に滞在している人が、どうしてもニュージーランドに戻らざるを得なくなった場合は参考にしてください。

なお、情報はすべて2020年9月現在のものであり、年の表記は特に記載がない場合は2020年を指します。情報を利用する場合は、必ず最新のものを確認するようにしてください。

covid-19隔離情報専用サイト

まず、こんなサイトがあることすら知りませんでした。
実際必要にならないと探さないですからね。

Managed isolation and quarantine

ニュージーランドに入国する際の情報や隔離についての情報がまとめられています。
今回の記事はほぼすべて、こちらのサイトとこのページに掲載されているリンク先からの情報を基にしています。

ちなみに managed isolation は、ニュージーランド政府の管理下で行われている施設を利用した隔離対応のことを指しています。
こちらを利用するのは covid-19の症状はないけれど発症リスクがある人 です。

また quarantine は、上記とは別で covid-19と診断された人、発症の疑いがある人、濃厚接触者などcovid-19に直接かかわりがある人を収容する隔離 のことを指しています。

当たり前ですがどちらも新しい使われかたで、最適な日本語に訳すのが難しいため(国策隔離とか検疫隔離…と書くとかなり固い表現ですね)、ここではメインのトピックとなるmanaged isolationについて、単に 隔離 と表記します。

ニュージーランドに入国できる人

現在、特に申請なくニュージーランドに入国が認められているのは

■ニュージーランドの国民(市民権保持者)
■居住権保持者のうち有効な旅行条件が整っている人
※ただし既に一度でも入国したことがある人のみ
■上記の方のパートナーまたは子どものうち、ビザがこの関係に基づいて発行されている人
■ニュージーランドに赴任している外交官

のみです。
それ以外でも重大な目的があると認められた場合は、旅行許可を申請することが出来ます。

出典 : Immigration New Zealand

隔離までの流れ

船でニュージーランドに入国する人は一部に限られると思うので、ここでは飛行機での入国のみ説明します。

飛行機を降りてから隔離施設移動までの流れ
  1. マスク着用が義務付けられています(降機時に支給されます)
  2. 今後の流れについて説明があります
  3. 検温などcovid-19の症状がないかの検査を受けます
  4. 症状がある場合、検査で疑わしいケースだった場合は quarantine 施設に移動します
    それ以外の場合は隔離施設に移動します
  5. 隔離施設は到着時に指定されます(通常同じ飛行機の人たちが同じ施設になります)
    これはオークランドに限らず、近隣の都市の可能性があります
  6. 部屋に到着したらマスクを外してOKです

近隣都市の隔離施設に入った場合は、送迎は政府負担で行われるため、隔離終了後に到着空港までの交通手段も提供されるようです。
ただし、その空港以外に行く場合は自費で手配する必要があります。

ちなみにサイトには 持ってくるべきもののリスト もあり、服や洗面道具の他、暇つぶしできるものを用意するよう記載されていました。2週間もいることなりますからね。
隔離はホテルを利用しているのでFree TVとWi-Fiは用意されているそうです。

食事は3食とも支給されますが、味の方は噂によると施設による当たり外れが大きいとか大きくないとか。日本人としては和食が食べたくなることもあるでしょうし、持ち込める範囲で食べ物の用意もした方が良いのかもしれませんね。

隔離に必要な料金

一番気になるのがこの項目でしょう。

ニュージーランドはしばらくの間は隔離を国費で賄っていましたが、莫大になる費用の一部回収、及び公平性を期すため、現在は隔離の料金は利用者負担となっています。

料金の内訳(GST込)

1人目
年齢に関係なく $3,100

2人目以降
大人 (18歳以上) $950/人
子供 (3歳以上17歳以下) $475/人
乳幼児(3歳未満) 無料
※ただしすべて同室の場合。
別室の場合はまた1人目からの起算となる

料金を支払うべき人

以下の人たちが料金を支払う対象となります。
現時点で入国する人はほぼ全員が対象ということですね。

■ニュージーランド国民及び永住者のうち
・現在海外に居住しており、ニュージーランド滞在が90日以内と見込まれる人
・隔離が有料となる法が発効した8月11日0:01以降にニュージーランドを出国した人
■短期ビザで入国する全ての人
※3月19日以前にニュージーランドを出国しており、かつ、3月19日の時点で主な居住地がニュージーランドだった場合を除く
■critical workerとして例外的に入国する全ての人
※雇用主が負担することも可能

料金の免除

以下のような事情がある場合は、申請することでそれぞれ個別に検討され、認められた場合は料金が免除されます。

■障害等で一人で旅が出来ない人を連れ帰るために出国したニュージーランド国民が帰国する場合
■医療措置のために出国した場合の帰国、もしくは医療措置のための入国
■重篤な病気や危篤の近親者を訪問したり、葬儀に参加したりする場合(国内外問わず)
■経済的に非常な困難がある場合

免除を申請したい人は申請書への記入と共に、それぞれのケースに対応した証明となる書類や手紙などの提出が必須となります。

請求と支払い

料金は隔離施設からの退所後に請求書が送られてきます。
通常支払いの締切は90日以内で、口座振替かインターネットバンキングで支払えます。

一日も早く日常が戻りますよう

もしこの情報が必要になった方がいたら、その方に届きますように。
実際に隔離生活を送った方の体験談なども是非お寄せください。

でもそれよりなにより、やはり隔離が必要ない日が一日も早く来てほしいですね。

また何か変更などがあったら、こちらもアップデートの予定です。

ABOUT ME
りうか
南島、ネルソンの隣のタスマン地方に住んでいます。2002年にニュージーランドに出会い紆余曲折の末、2017年に移住。永住権保持。元留学エージェント。ニュージーランド公認の運転教習と旅客輸送の資格を保持し、車旅サービスのmākohaというサービスを始めました。 料理が好きで、好きなものを好きな時に食べるためにいろいろ自分で仕込めるようになってきました。