学ぶ

潜入!語学学校 in ニュージーランド【施設編】

りうか
りうか
こんにちは。りうかです。夏だというのに肌寒いと思ったら、どうやら山には雪が降ったらしいです。ボクシングデーの雹といい、何だか今年のネルソン・タスマンは変な気候です。

さて、りうかこと私は、昨年ネルソンの語学学校、ネルソンイングリッシュセンターで提供されている一部居住者に向けての無料英語コースに通っていたのですが、その時にオファーをいただいて、今は学校で期間限定のパートタイムで事務のお手伝いをしています。

一部居住者用のフリーイングリッシュコースは、まだ枠に空きがあります。イブニングクラスなども始まりましたので、この機会に英語を勉強してみたいという方は是非いらしてください。
(記事中、条件やクラス編成等を現在の状況に合わせて追記・修正しました)
ネルソンで英語を無料で学べるチャンス!?【一部居住者向け:条件あり】ネルソンにある語学学校が特定のビザを持っている方々向けに、期間と人数を限定した無料の英語コースを提供することになりました。 ...

その時の記事でも簡単には紹介しましたが、せっかくなのでネルソンイングリッシュセンターを例にとりつつ、ニュージーランドの語学学校の様子をご紹介しようと思います。

もちろんそれぞれの学校によって違いはありますが、私がかつて通っていたクライストチャーチの学校と比較しても、ある程度 典型的なニュージーランドの語学学校 ではあると思いますので、もし将来的にニュージーランドへの語学留学をお考えの方は参考にしてみてください。

またスケジュールについて知りたいという方はこちらの記事をどうぞ。

潜入!語学学校 in ニュージーランド【スケジュール編】今回は語学学校の典型的なスケジュールについてご紹介します。 現在はcovid-19の影響で特別なカリキュラムになっているところも多いと思いますが、これからの留学や学校での勉強を考えている方は是非参考にしてみてください。...

Contents

入口

ネルソンイングリッシュセンターはネルソン中心部、大聖堂にほど近いところにある2階建ての建物を、FM局と共有して使っています。

ネルソン中心部であればどこでも徒歩圏内ですし、ホームステイやフラットの人たちも徒歩圏内もしくは自転車で通える範囲に住んでいる人が多いようです。
駐車場はありませんが、自転車置き場はありますし、車も中心部から少し外れた学校から徒歩10分範囲内に無制限で止められる駐車場所が結構多く見付けられます。

写真のガラス扉を抜けると学校に入り、そこでは英語しか使ってはいけないことになっています。スクールホリデー中に通ってくる高校生の中には、休み時間にここまで走ってきて母国語でしゃべっている子たちもいました。

受付

入口を入るとまずは受付です。毎週月曜日に入学できるので、月曜日にはウェルカムボードに新入生の名前が書かれています。

学校の案内だけでなく、滞在先や行き帰りの交通手段、ネルソンのローカル情報などなんでも聞くことが出来ます。

受付の正面の通路からは教室とティーチャーズルームに続いています。教室のひとつは基本空いていて、祈祷室として宗教上必要な方に使われています。

スチューデントルーム(ホール)

一番広いこの場所は、休み時間やランチで生徒がくつろぐ場所でもあり、また入学時の説明や卒業のセレモニー、いくつかのアクティビティが行われる場所でもあります。

この左側にキッチンとアカデミックダイレクタールームがあり、奥に進むとリラックススペースを抜けて裏庭に続いています。

キッチン

キッチンには電子レンジ、ホットサンドメーカーなどがあり、冷蔵庫や棚に自分の食べ物を入れておくことも出来ます。ランチを持ってきて温める人もいれば、レンジを使うような簡単なものを作って食べる人もいます。もちろん外食に行く人もいますよ。

また、コーヒーと紅茶、それに入れるための砂糖とミルクは無料で提供されるので、好きなだけ飲みながら勉強をすることが出来ます。

アカデミックダイレクターズルーム

キッチンの隣にあるのがアカデミックダイレクターズルームです。ティーチャーズルームとは別に、ホールに開かれて設置されており、2人いるアカデミックダイレクターのうちのどちらかがほぼ常駐しています。

ここでは、開始前のクラス分けのアセスメントを行うだけでなく、クラスの変更や学習内容など英語学習について何でも相談することが出来ます。
(もちろん相談時はきちんと扉が閉められて話の内容は外に漏れません)

ホール奥(リラックススペース)

ホールを奥に進むと、アクティビティのパンフレットが置いてあったり、クラス分けの掲示がされていたりするエリアがあります。
またその横にはくつろげるペースも用意されており、本やボードゲームなども置いてあります。

裏庭(BBQエリア)

さらに奥の扉を抜けると、BBQエリアにもなっている裏庭に繋がっています。少し傾斜のある場所に建っているので、階段を下りて一段降りる形になっています。

正面に見えている壁画の描かれた建物が地元でも人気のロースタリーカフェKUSH Coffee。裏口を抜ければ徒歩10秒です。
裏口の脇には卓球台もあるので休み時間や放課後に遊び放題です。

トイレ側通路と掲示板

受付から左に曲がるとトイレに続く通路があり、そこには掲示板がいくつもあります。アコモデーションやネルソンの情報、また仕事の情報や学校についての情報が貼られています。

もちろん生徒の使用もOK。生徒に人気が高いパートタイムのお仕事やフラットなどは、ここで代々引き継がれて行ったりもするようです。

教室

最後は教室。ネルソンイングリッシュセンターには13の教室があり、受付階、二階、地階に分かれています。

教室にはホワイトボードやコの字型(小さい教室だと向かい合わせのところも)に並べられた机と椅子があり、他にもそれぞれの先生が教材などを置いていたりします。毎日座る席は自由なので、自分の荷物は基本持ち帰ることになります。

次回は生徒の一日をお届けします

いかがでしたでしょうか。

受付、ティーチャールーム、教室、生徒用のくつろぐ場所、お茶などが入れられるところ、はだいたいどの学校にもあると思います。

もし他の語学学校に通っていたり勤められている方で、うちにはこんなユニークな施設が!という方がいらっしゃったら是非お知らせください。

次回は、典型的な語学学生の一日をお送りしようと思います。
他にもリクエストがある方は、是非 こちらから お知らせください!

ABOUT ME
りうか
南島、ネルソンの隣のタスマン地方に住んでいます。2002年にニュージーランドに出会い紆余曲折の末、2017年に移住。永住権保持。元留学エージェント。ニュージーランド公認の運転教習と旅客輸送の資格を保持し、車旅サービスのmākohaというサービスを始めました。 料理が好きで、好きなものを好きな時に食べるためにいろいろ自分で仕込めるようになってきました。